Pocket

東海地域でハンズオン型グロースハックスタジオを展開する東海エイチアール株式会社(本社:愛知県名古屋市 代表取締役:若目田 大貴、以下東海HR)は、提携する株式会社ソミックマネージメントホールディングス(以下、SMHD)とそのグループ会社である株式会社ソミック石川(事業所:静岡県浜松市 代表取締役社長:石川 雅洋、以下ソミック石川)にて、自律走行ロボット活用で重筋作業の自働化をする促進サービス「SUPPOT」のテストマーケティングを開始したことを発表しました。

SUPPOTとは?

SUPPOT(サポット)は、重量積載・不整地走行が可能な自律走行ロボットを活用し重筋作業の自働化を促進・導入するサービスです。現在、農業・建築の分野でロボットを活用した業務効率化の研究を進めている企業様に向けて、共同研究やサービス提供を行っています。SUPPOTでは、自律走行ロボットによる重筋作業の自働化促進を通して、人手不足の解消・労働災害の防止・作業効率化といった企業様の経営課題解決を目指します。

サービスサイト:https://suppot.jp
※お取引や取材やお問い合わせはサービスサイトよりお願い致します。

SUPPOTにおける東海HRの役割

ハンズオン型グロースハックスタジオの東海HRは、「人材事業を軸に、令和時代の東海地域の新産業創出を加速させる」ことをミッションに、若手スキル人材・事業者紹介サービス「TOKAI HR」と、名古屋近辺のベンチャー企業に特化したオンライン経済新聞「Nagoya Startup News」を運営をしています。この2つのサービスの特性を活かし、事業開発に取り組む企業様に向けてサービス提供・リソース提供を行っています。

SMHDと、グループ会社で自動車部品のボールジョイントを主力製品とするソミック石川は、ソミック石川が国内トップシェアを誇るボールジョイント製造で培ったサスペンション機構のノウハウを生かした、走破性・汎用性の高い自動走行車台を開発し、サービスロボットの分野での製品化を目指してきました。

2020年7月に東海HRとSMHDが提携開始してからは、東海HRがSMHD社内にてプロジェクトマネジメントやビジネスモデル創出のサポートを担当。3ヶ月の期間を経て、今回SUPPOTのテストマーケティングを開始するに至りました。

なお、詳細に関してはSMHDのプレスリリースをご覧ください。

▼ソミックマネージメントホールディングス|PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000049368.html

会社について

会社名:東海エイチアール株式会社
役員:代表取締役 若目田 大貴
所在地:〒453-0012 愛知県名古屋市中村区井深町1番1号
新名古屋センタービル・本陣街2階 240-2号室
メールアドレス:info[@]tokai-hr.co.jp
設立:2019年7月8日