Pocket

社長の若目田(わかめだ)です。

今回は自社の採用の話です。CHRO(人事最高責任者)の募集をはじめます。

これからの弊社にとって最も重要なポジションの1つだと考えていて、とても真剣に探しているんです。もちろん簡単に決まるものではないと思っているので、この先何年も事業をやっていくなかで時間をかけて探していければと考えています。

東海HRのミッションを達成するためには、とにかく自社採用がキーポイント

前々回の記事では東海HRが「何をやりたいのか」について書きました。業務内容に関する部分を要約すると、弊社はハンズオン型のグロースハックスタジオとしてお客様の会社の中へ入っていき、お客様のもとでプロジェクトを立ち上げ、そこへまた必要な人を配属していくといった役割を担うケースが多いです。事業開発・事業推進の文脈でのお取引が多いことが特徴です。

アクション数・成果で見てもまだまだ足りなくて、「人材事業を軸に、令和時代の東海地域の新産業創出を加速させる」のミッション達成のために、東海HRは30年単位で事業にコミットする姿勢です。

しかしながら、目標を掲げ事業に打ち込めば打ち込むほど、自社採用の壁にぶち当たります。東海HRは私にとって起業2社目にあたりますが、これまでに蓄えてきたものだけでは全く太刀打ちできない課題に直面していると気づいたんです。

そこで出した結論が「東海HRには力強いCHROが必要」ということでした。

正直、めちゃくちゃ助けて欲しい

東海HRという社名や人材会社という性質から、「自社採用も得意なのでは?」と思われることが多いのですが、私の認識とは異なります。

例えば、お客様のもとで採用をうまくワークさせたり、お客さまの事業やプロジェクトに対して必要な人をスポットでアサインさせていくことに関しては、私たちの得意分野だと感じています。それを体現する自社サービスのTOKAI HRが成果をあげています。

その一方で、自社の採用は全く別物のような感覚があります。自社のミッションに共感してもらえる方を増やし、組織として大きくしていくことに対し、今の私では力不足を感じています。

創業から間もない会社にも関わらず、ありがたいことにお取引させていただくお客様に恵まれ、仕事の幅は広がっています。その一方で、掲げているミッションに対し弊社の規模が釣り合っていないことを痛感する日々でもありました。「もっと会社を大きくしていかないといけない」と毎日強く思っています。

現在の東海HRは、まだゼロから組織を作りあげるフェーズです。課題解決が好きな私にとっては、これもまた面白くやりがいのある仕事の1つなのですが、いまの私たちだけで乗り越えるのは難しい課題だと悟りました。

だからこそ、この楽しいフェーズを一緒に乗り越えてくれる方を探しています。雇用形態としては社員の形に限らず、ストックをお渡しさせていただき役員レベルで採用させていただくことも考えています。

東海HRの描くロードマップ

ここまで募集について書いてきましたが、弊社の抱えている課題も含めて感情的すぎる内容になってしまったかなと感じています。もし私がCHROの資質を持っていたとしても、この文章からは「助けて欲しい」としか伝わってこないので、判断のしようがないと思います(笑)

ここからは気を取り直して、東海HRが達成していく東海圏の未来について書きます。とっても抽象的で恐縮ですが、下記の図をご参考に。

2020年10月現在、弊社は2期目を迎えました。これから6期目までの間に、東海HRは東海地域で「これから新規事業を立ち上げていきたい企業様」そして「事業をつくる人材の方々」の両方に対して、マーケットリーダーの地位を確立していきたいです。イメージとしては、東海圏で事業のグロースや立ち上げをするんだったら「東海HRに相談してみよう」と言っていただけるようなポジションです。

そこへ向けて2期目は何をやっているのかというと、自社サービスのTOKAI HRのつくりこみです。現在は求職者さん向けサービスページの開発(10月中にオープンさせたい!!!)しています。

加えて、求人企業様の新規開拓、転職希望者とフリーランスの方への集客を進めています。こうして賛同いただけた方と企業様とを、1件1件マッチングを進めさせていただいています。また、弊社を通じて立ち上がったプロジェクトに対して、ただ人を紹介するだけでなく、しっかりとワークさせていくことにも注力しています。

つづく3期目には、データベース作りを進めていきます。具体的には、東海地域でプロダクトベースやテックドリブンで事業展開している企業様のデータベースです。並行して、東海HRが関わった事業についてワークするロジックをさらに強化すること、集客の強化も行っていきます。

現在に話を戻します。東海HRでは、企業様から事業立ち上げから採用まで任せていただいていますが、こちらは営業開始してから実際に受注するまでの期間がとても長い勝負です。そのため、東海地域特有のBtoBの営業に強い方、受注させていただいたお客様の会社へ入って上手にワークさせることのできるプロジェクトマネージャーを募集しています。こちらの人員を3期目から4期目にかけて特に強化し、6期目を迎える頃には東海HRを少なくとも社員数7~80名あたりの組織にしていかないといけません。

そこから逆算していくと、今すぐにでも東海HRのミッションに共感してくれる仲間をどんどん集めることが最も重要です。「人材事業を軸に、令和時代の東海地域の新産業創出を加速させる」ということは取り組む対象が大きく、それに比例して課題も超デカいんです。社内・社外を問わず「やることめちゃくちゃあります」という状況です。

今のうちから、難しい課題へ一緒に挑戦してくれる仲間を集める、私たちのための土台もつくらなくてはいけない

東海地域の新産業創出を加速させる市場の外部要因として、愛知県・名古屋市・浜松市がグローバルスタートアップ戦略特区として認定されました。1起業家の感覚としても、市場が盛り上がってるように感じます。産学官で様々な企業・団体様がこのムーブメントを支えていて、マッチングイベントやアクセラレーションプログラムをご用意して頂いています。これは事業をつくる我々にとって、大変ありがたいことです。

▼この記事もぜひ読んでほしいです。

このムーブメントを一過性のものにせず、かつ弊社のミッションを達成していくためには、私たちのような小回りの効く企業が、企業様1社1社に対してコミットしていく動きも必要です。

最終的に変化や革新を起こすのは、現場、つまりは人です。なので、東海HRはこの地域の人材流動性にとにかくコミットしていきたいです。もちろん、私が思い描いている通りの人材流動がすぐ起きるわけではないので、まずは土台づくりが必要です。どれほど優秀で事業を推進できる人材であっても、受け入れる土台がなければ本来の実力を発揮することができないからです。そして、こういった土台を作ろうとするときは、とんでもない新陳代謝が起こります。体制が刷新されるわけですから当然ですよね。

ここを東海HRが担っていくんですが、とてもチャレンジングな仕事だと感じています。忍耐は求められますが、うまくワークさせることができたとき、すごく楽しいと思うんです。そういった課題解決に取り組むことができるセールスとプロジェクトマネージャーを、今は募集している段階です。

ただ、この課題を解決していくにあたり、2つの業種を募集するだけでは、東海HRのアクションとして充分ではありません。今のうちから、弊社が取り組む難しい課題へ一緒に挑戦してくれる仲間を集める、私たちのための土台もつくらなくてはいけないからです。

この課題感に気づくことができたのも、クライアントのベンチャー企業様、地元の老舗企業様のおかげでした。それぞれ異なる形態の組織へ、私自身がセールスやプロジェクトマネジャーとして出向やご支援をさせていただくなかで出した結論です。

私たちは再現性が低く、仕組み化することが難しい領域で勝負していることを日々実感しています。弊社が優秀な個人のプレイヤーが集まる組織になってしまうだけでは、ミッションの達成は叶わないと考えています。マーケットリーダーとして、事業づくりをするための組織としての土台、フレームワークを、弊社自身が体現していきたいです。

さいごに

ヒートアップしてついつい色々書いてしまいましたが(伝わってほしいこの熱量)、キャリアを選択していく上で、人材領域や東海地域に対して「何かやっていきたいな」というマインドを持たれている方、組織をゼロイチから作っていくことを面白いと思っていただける方がいらっしゃいましたら、ぜひ、一杯やらせてもらえたらと思います。

蛇足:「一杯やらせてもらえたらと思います。」の文で締めましたが、実は体質的にアルコールが飲めません。ノンアルコールにて参戦致します。