Pocket

社長の若目田です。東海エイチアール株式会社(略して東海HR)は、「人材事業を軸に、令和時代の東海地域の新産業創出を加速させる」ことをミッションにサービスの運営を行う、ハンズオン型グロースハックスタジオです。

現在設立2期目のまだ若い会社で、一緒に会社を盛り上げてくれる創業メンバーを募集しています。

このnoteでは、東海HRとはどんな会社で、どんなメンバーを募集しているのか?などを発信したいと思います。それではどうぞ。

ハンズオン型グロースハックスタジオとは?

東海HRのクライアントは、事業開発をしたい東海地域の地元大手・老舗・ベンチャー企業さんです。

ハンズオンとは、クライアントの元で積極的に手を動かすことや介入することの意味を指しています。グロースは(事業の)成長、ハックは「うまくやる」「推進する」の意味。スタジオは、作業場や工房のニュアンスでよく使われている意味です。

つまり、ハンズオン型グロースハックスタジオとは、「自ら手を動かしてクライアントの事業開発を進めるする会社」の意味を指しています。

こんな自社サービスをやっています

「なにやっているんですか?」と聞かれたときに答えるのが、これです。いまは2つの自社サービスの運営を行っています。それぞれのサービスについてご紹介していきます。

TOKAI HR


TOKAI HRは、デザイナー・エンジニア・マーケター・PjM・バックオフィスなどの得なスキルを活かして仕事をしたい転職希望者・副業人材・フリーランサーを、プロジェクト・プロダクト・サービスの立ち上げをしたい東海地域の地元大手・老舗・ベンチャー企業に紹介・活用するサービスとなっています。

Nagoya Startup News

Nagoya Startup News(名古屋スタートアップニュース)は、名古屋近辺にある約200社のベンチャー企業の情報発信を目的に運営されているニュースサイトです。法人様向けには、記事広告の販売だけではなく、テック系企業やベンチャー企業とのアライアンスも行っています。

もともと私が1社目に企業した会社で運営していたものを、今の会社に引き継いだので、運営年数は5年目です。

なぜやっているのか?

東海HRは、「人材事業を軸に、令和時代の東海地域の新産業創出を加速させる」のミッションを達成するために経営しています。このミッションは私が会社を設立するときに考えたものです。

これまで、東海地域は製造業(特に自動車)を中心とした重厚長大な産業基盤によって地域経済をリードしてきました。時代が移り変わり、令和時代の今、東海地域で求められるのは、これまでの経済基盤と新領域の技術を合わせた新産業の確立だと考えています。実際にその波は確実に押し寄せています。

ヒト・モノ・カネ・情報のうち、モノ・カネ・情報は集積しつつある中で、私たちはヒトの流動性にコミットしていきたいと考えています。

どうやっているのか?

メンバーはどんな感じ?

私とパートタイム社員・パートナー(フリーランサー)含めて6名ほどのメンバーでチームが構成されています。また、プロジェクト単位で仕事するため、スポットで仕事を一緒にする副業人材やフリーランサーも多くいることが特徴です。

オフィスはどんな感じ?

東海HRのオフィスは、名古屋市営地下鉄東山線亀島駅の付近にある、新幹線高架下を利用した新名古屋センタービルの中にあります。

この辺り一帯は「亀島ガレージ」と呼ばれ、若手の起業家やベンチャー企業が集う集積地となっています。弊社の社内活動以外にも、色々な人が出入りしている場所です。

特徴的な仕組みはある?

週1回の週次全体MTGと、月末に私と1on1のフィードバックMTGがあります。あとは、社員の人は3ヶ月に1回昇給の機会があることや、副業・複業も就業規則的にも社内の雰囲気的にもOKにしていることが特徴です。

どんな人を募集しているの?

大きく分けると、募集職種はプロジェクトマネージャーとセールスの2つです。

プロジェクトマネージャー


自社サービスTOKAI HRとNagoya Start Newsのネットワークを活用して、東海地域の地元大手・老舗・ベンチャー企業の事業開発を人材面でハンズオンサポートします。

具体的には、お客さんのプロジェクト・プロダクト・サービスの立ち上げに携わって、必要な人材の紹介やアウトソーシングをハンズオンで行い、事業開発のPjMやBizDev実務を担当していきます。

クライアント先や社外でネットワークを構築するコミュニケーションスキルと、タスク洗い出しや進捗管理をするプロジェクトマネジメントスキルを活かせる仕事です。経験次第では、更に上流のビジネスモデル構築や事業計画書作成・リソース調達・MVP構築なども担当します。

セールス

インバウンド営業とアウトバウンド営業が50:50の割合で、東海地域の地元大手・老舗・ベンチャー企業へ営業活動を行います。

具体的には、自社サービスのNagoya Startup News経由でご相談があった企業への訪問をするほか、課題抽出をして社内に情報共有した上で、資料作成や提案営業も行います。希望あれば営業先の開拓もお任せしています。お任せできるところからお任せするスタンスです。

上記の職種は正社員での採用をメインに進めていますが、よりガッツリ関わりたいという方には幹部候補・役員候補でのオファーもしています。
給与や勤務時間など、より詳しい勤務条件を見たい!知りたいと感じてくれた方は、engageに募集要項を随時掲載しているので、こちらよりご応募ください。

noteや募集要項だけではわからない会社の情報を私たちからご説明させていただき、キャリア観についてお伺いした上で、東海HRと関わるポイントを一緒に見つけていければなと思っています。最初はぜひカジュアルにお話させてください!

このブログは、2020年11月26日にnoteにて掲載したコンテンツと同様のものになります。